藤𠩤 研介 FUJIWARA Kensuke

ありがとうございます。お願いします。
宗教書を書きます。
Myouwayホームページ:
https://fujiwarakensuke.wixsite.com/myouway
Blog:
https://fujiwarakensuke.blogspot.com
PayPal.Me:
https://paypal.me/fujiwarakensuke
Twitter:
藤原 けんすけ@fujiwara_knsk
Works:
http://akesityou.blog.jp/

ありがとうございます。
お願いします。
宗教書を書いています。
PCモード推奨。
よろしくお願いします。

Myouwayホームページ:
https://fujiwarakensuke.wixsite.com/myouway
Blog:
https://fujiwarakensuke.blogspot.com
PayPal.Me:
https://paypal.me/fujiwarakensuke
Twitter:
藤原 けんすけ@fujiwara_knsk
Works:
http://akesityou.blog.jp/

ここ数年の考え事成果

今日、過去のノートを整理し、読み返していました。私の考え事自体は未熟ですから、主観的にでさえ、最近考えたこと位しか役に立たないことを思います。その中でも面白いと思った内容を整理したいです。

・思想地図、十年のまとめ
人工言語、自作言語を、Myouwishとか、まんこう語群と呼んだりして色々作っていて、それらは一応、原体験や宗教的な事柄について考えたことを基礎にしています。

・温香息タン念本味指楽和、Talvacakra∋強快注入想像の全身チャクラ(血流集中ヨガの全身スクリーニング等)、快幸福の象徴一念、どうしてゲーム、バタフライハグやPC筋引き締め、日常賛美や五体投地 等の養生法

・主に元素を対象としての、多言語による極限疎通

・幸福全暗記や拡張勝現実、隠れ疎通の女性名や快幸福体験の体系化

・明藤表、各宗教の直感的整理、自著や自作思想の体系

・以上からの、
主や宗教への強い関心、王や来世、現世の謎 等についての、
宗教的論理から来る主観的信仰心理の記述、雑記

詳しくは書きませんが、
こんな所が成果でしょうか。
あんなに一生懸命やったことなのに、
成果が少しだけなのは不思議なことです、笑い。

これらや宗教書原文 等をまとめて、
宗教書『あけふじピョウ』、
を書いていきたいと思います。
一定の間隔で自分用に印刷したりしていますから、
今回の本も楽しみです。


ありがとう。
お疲れ様です。



来世観と来世存在説の有利

1.宗教分析、言語分析⇒少なくとも紀元時代からの伝統や歴史教育を体系的に構築する、歴史的な隠された王が存在する確信

2.極限疎通や疎通的パレイドリアの主観的確認(自身より高度な知性を有すると、ランダムを恣意的に発生させられる等あるので、狭義の科学的証明は難しい、精霊の可能性も。)

⇒少なくとも隠蔽された科学や超科学力存在の主観的確信

⇒超科学力の認識の壁(実際の隠蔽科学や超科学がどこまでできるかは不明)

⇒元素で極大、極小共に肯定的疎通ができている、又は人の肉体を極限まで精密制御できている超科学力の存在の確信+王の倫理的統治の実体験

⇒元素や未知の媒体 等にクラウドデータ化や膨大なデータの保存、自我の移行を可能にする科学力を有している可能性

⇒宇宙レベルでの寿命の自我存続の可能性(その場かぎりの来世や自我存続)+王の倫理性や先見性によれば、実現は期待できる(からこそ教えた、聖典の好ましい来世観)

⇒世界や環境の寿命、来世の好ましさの壁

⇒主:救い主、神:世界創造クラスの存在、との関係により、天:天国世界、との永生的自我存続の可能性

⇒天国世界や自己の倫理的で永生的な自我存続には倫理的修行完成者というべき、如:天国世界の現実的管理者達、王達が必要で、来世へ赴く その人自体も、恐らく如や創造目的を果たす存在として成立することが大事?⇒仮止めされた、進化する、あなたの生の目的(あくまで人間世界の経験論での考察に過ぎないから、天国世界や来世の構想自体は様々に存在する。救い主次第。主を畏れること。)


経験論的には、得たいものは強く求めないと得られず、その時にも、目的の御題目が重要です。(主らと永生快幸福にあるコト、(よろず)の幸福 etc.)数ある来世像の中でも、少なくとも王が認めた、叶うことが許され、叶うことが確信される来世を強く望むことが大事だと思います。(ex.クルアーン、本願

仮止め思想でいいから進める様に-幸福について

生の目的: ∵キリスト教
・主らと私も永生快幸福にあるコト

幸福とは: ∵ヒンドゥー教
・バクティ  安心、(相互、被)献身、信愛
・ダルマ   ドゥッカがないこと、正義、法
・アルタ   必要な快実利、共同体、土地、富
・カーマ   記憶に残る絶頂的快楽、情熱、性愛
・モクシャ  よい統治者の下の自由、正常性、解脱
・アートマン 好ましい記憶や品性等、その永続、真我
・その他



目標: ∵イスラム教
・神天如書 を
 畏れ、讃えられた遵法幸福経験を積み、
 記憶すること(幸福全暗記)
・幸福な天国の想像と
 それを強化する幸福実体験の受領(拡張勝現実)



進化する信仰因: ∵私の哲学的成果


・天、世界、自然経験、玉、霊格精霊
 隠蔽された統治、王的存在の隠れた実在
∵ex.極限疎通、日本統治の秘密性etc.

・如、修行完成者たち、社会経験、王、秘密統治
 社会や思想が顕にも密にも伝統宗教的であり、
 王が宗教や来世信仰をすすめていること 
∵ex.紀元時代の伝統宗教群が秩序だった、
   相互関係にある体系をもつこと(明藤表)、
   学問、自然言語の設計、日本の実生活etc.

・書、宗教や伝統、理論経験、皇、公的卓越
 宗教書は信じることが実践的である、
 という境地では、宗教書に書いてある、
 で結構信じられること
∵ex.海外の修行者のレベルは
   私自身の探求に比して
   圧倒的に卓越していることetc.



この十年の流れを大体

2010年11月2日(例の恐怖経験の発生日と思われる日)から十年近く経ち、例の恐怖経験を中心に、苦しみの原体験について緩和を目指してきました。
今日は個人的な記念日でもあるので、
この十年のことや思想的なことを吐き出したいと思います。

この十年、考えることはほとんどが例の恐怖経験でした。その中で他の苦しみもやってきて、本当に苦しい十年でした。最近、不思議な世界観でも疎通を通して、美女疎通を中心に癒しを得てきました。環境も数年前程よりは落ち着いてきて、癒しで何とか凌げそうな感じも出てきました。そう述べることは新しい苦難を誘いそうで恐ろしいですが、それが今の実感的な気分です。

例の恐怖経験→最初は自然体がいいとか、ぼっーとする、死の恐怖はあんなに怖いのかと思う→本を読み始めて宗教や哲学に関心を持つ理系の科学については普通の科学の範囲だけ、キリスト教会で勉強する→就職して本を読み続け、あらかたの一般の古典的名著を読む、ごみ拾いや禁欲、菜食をしたり憐れみや共感的道徳を実践し、宝天が出始める、上級能力の存在を感じる、さとられ体験が激しくなる→倫理的破局感、監禁状態→ひたすら考え事、本のペラめくりと疎通できる様になる→人工言語や疎通方法の発見をする→宗教の記述と一致している発見かもしれない、と宗教や言語を主に関心を持つ→宝天や元素の極限疎通により超越的存在に関心をもつが、同時に実際的な隠れた現実の支配者の存在も本での疎通やさせられ体験で確認する、例の恐怖経験や倫理的破局感が人為的なものであることを発見する→苦しみと苦しみの対策が体系化されていき、それが宗教的にも統合でき、さらにそれは自分で考えたにも関わらず、させられ体験で降ってきたものらしいこと、本を書き始める→させられ体験の妨害的指導で次第に深く考え事もできなくなっていき、苦しい、という感情すら、明らかにさせられ体験や思考吹入で矯正され、鬱屈した状態が続く、倫理的破局感から逃れる様に引っ越す→考えの電子化を兼ねてツイッターを何気なく始め、習慣的に見ていたまとめサイトで美しい異国の女性をみて落ち着いていたら、そのツイッターで隠れた疎通感が出てくる様になり、苦しみを吐き出す様に隠れたまま、距離をおいたままツイッター上で疎通を感じる様になる、さとられ体験には慣れていたのでその延長上で疎通を重ねる→実際にイベントで会いに行き、できたばかりで不完全なままの本を渡したりする→複数の女性で疎通や本を渡したりする→疎通や耽美が癒しになり、癒しを感じて深刻な状態が落ち着いてくる→させられ体験や悪夢が激しくなり、苦しみを考え過ぎた後遺症だけでなく、重いさせられ体験が当たり前になる→明るく考えたりリソースを清めたりすることができないと自分や自我がつぶれそうに感じる、幸福の丸暗記という発想を思い付く。隠れた科学力の高さでは現実的な来世の自意識存続もあり得るらしく、させられ体験で例の恐怖経験等が起こせ得るので、即死や自殺も危険であると認識が改まり、安全保障が大事であることから、宗教的存在や王について強く関心をもち、深い考え事もできないので、指針としては宗教を実践するしかなくなる→各宗教を中心に本を書き続け、幸福の丸暗記の発想から、美女疎通の想い出や自著の各宗教原文を含む宗教書を、させられ体験で記憶や能力もどうなるかわからないままの状況でも暗記しようとする、宗教書のリソースとしてのかたさを高めようとする

宗教や学問、
余暇生活、
大なる者や美女との優しい疎通、
というのが強引に3点にまとめると今の激烈感ある苦しみから、何とか和らげてくれたと思います。


思想としては、

極限疎通や、伝統的社会や環境を、宗教や言語を中心に分析し、王以上の存在の確信等により、死の恐怖や自傷自殺がない様に保つことや先の3点等により、何とか生き延びること。安全保障者との疎通?

幸福の丸暗記や思想体系をリソースを含めて肯定的なものにすることや考え直すこと、自作言語を含めた自作思想の洗練や本等の媒体でのまとめ、各宗教書や自著宗教書からの宗教的生活の設計や実践、丸暗記。

十年自分なりに言動してきて、主に出てきたのがこの2つの思想?ダルマ(正義、安全保障、苦しみからの自由)、アルタ(共同体、実利、苦しみを和らげる楽しみや楽なことの元)ということと表現できそう?
ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャと続くかも?

それで

神天如
(安全保障者として、愛として、究極的なこと)

存在のこと、現世や来世のこと、過去世のこと
(ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャ、等という実際的なことやそれらを健全に獲得し、全くの無、等とは違った、存在幸福の探求)



(究極的な苦しみのこと、知らない方がよいこと、やよいことを知らなくても、極大の経験的苦しみや未経験の苦しみの解決や緩和ができなくても、何とか生き続けること、存在は苦しみ、という分析的論理が人間に与えられるとしても、よい来世か何かであったり、原理はよくわからないが究極的には幸福な永生を得ること)

苦痛
(人生は苦痛であり、自殺すらも許されない安全保障論理が見え隠れしても、何とかやり過ごせるか?今現在が例の恐怖経験や苦しみの原体験群の様な激烈な苦しみではないかどうか、それらをどうやって避けたりやり過ごすか、今が苦しみの原体験群と比較してどうか、という意識のラベリングや健全さを保つ何か、宗教的生活や健全なこと)




宗教に関心を持つのは、
神さまとの関係の持ち方を示す方法や勉強すべきことが、他に体系化されていることを知らないからかも。宗教以外に、形而上も含めた安全保障や
神さまとの関係を健全にする方法かあるなら探すし、他に方法を見つける必要もあるかも。
実際的には、苦しくても、宗教を実践したり関心を持って取り組んでいると、悪いことをせずにすみ、自分の自我において助けがあるかもしれません。苦しすぎたので、宗教や宗教に基づく高度な社会統治が無かったら、薬物の快楽を探求したり、自傷自殺していたかもしれません。それに宗教的生活を実際にやってみると、自分からみて洗練されたと感じたり、健康にも効く科学的発見がどんどん出てくるし、来世を信じたり宗教的思考に染まると、人間に合っているのだから、実際に楽に感じられる考え方や生活スタイルだと実感できます。それに天や極限疎通、させられ体験や実際の生活も、支えが与えられている気がして、苦しみの中でも、何とか生きていける、という気がします。


言語は哲学的探求でもでてきたことで、疎通や思考においても基礎的で、実際的にも癒やしの効果があるし、宗教の教えでも重要視され、宗教と言語は一体的と感じます。言語自体のシステムに教えも含まれ、また思考、社会や環境等は言語を通じて表象や自我に流入するので、少なからず影響を受けるから、自分で言語を造って思考等を既存言語以外で基礎付けてみたい、とも考えます。宗教で言語を取り扱うのは、政治的等においては言語が無力であって、言語の遊びは悪いことをしない為の余暇活動としては向いている素材かもしれないとも考える時があります。宗教でも社会でも遊んでもらえるので、言語にも関心を持ちます。実際の実生活でも、異国の言語で書かれている各宗教文の習慣的読誦や修行法は、心地よさも伴って健康にも効いています。


ありがとうございます。
吐き出せてスッキリしました。
この様な愚行も大きな苦しみ故とはいえ、
お赦しくださり、ありがとうございます。

『あけふじピョウ』と宗教

000.明藤表 表紙
〇.万幸教 まんこう語群(万幸語群)
00.EHD(エハッド、初一)
0.Ziq療法(ジックりょうほう)
1.伝統的世界観分析
2.極限疎通
3.自作言語
4.日常賛美
5.拡張勝現実
6.社会を宗教で解釈
7.隠された疎通法
8.複分法楽リスト
9.幸福全暗記(日藤教理、ひふじおしえり)

六.神道 日本国 日本語
01.君が代
02.古事記
03.禊祓詞
04.アイヌ神謡集
05.日本書紀
06.百人一首

一.諸子百家 儒教 中国語
07.千字文
08.大学
09.論語

二.ヒンドゥー教 東洋宗教 サンスクリット語(梵語)
10.バガヴァッド・ギーター
11.般若波羅蜜多心経(南無一切智 梵中日和英 文)

七.仏教 英語(サンスクリット語 日本語)
12.弥陀の本願(浄土三部経 無量寿経)
13.六字名号(念仏 南無阿弥陀仏)
14.歎異抄

三.ユダヤ教 ヘブライ語
15.創世記
16.十戒
17.613のミツヴォット
18.朝夕の祈り(シェマア・イスラエル)、御言葉
19.歴代誌

八.世界キリスト教 超欧語(ユーロ語)
20.創世記+主の祈り(ラテン文字)

四.キリスト教 ギリシア語
21.系図
22.八福
23.主の祈
24.ヨハネの黙示録

九.神話、東欧密教、東方正教 ロシア語
25.秘密集会タントラ
26.神統記
27.創世記+主の祈り(世界の文字)

五.イスラム教 アラビア語
28.開扉
29.アルっらふマーン
30.アッラーフの99の美名、数秘術(記数法)

十.数美語
31.数字
32.言語

土士.想ひ出女性
 王.学問や哲学
 主.Myouway(明和道) Myouwish(明和語)
十四.著者紹介、奥書
十五.手明(しゅみょう) 裏表紙
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fujiwarakensuke202...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ